三部作完結編|武士の一分という映画について

武士の一分という映画について-画像

三部作完結編



『たそがれ清兵衛』、『隠し剣 鬼の爪』に続く山田洋次監督の時代劇三部作完結編である。原作はどれも藤沢周平。
この、新しい時代劇とも呼ばれる3本は時代劇でありながら、人の心のありようを現代社会に問う作品として、
やはり山田洋次監督の持ち味が存分に出ていると言えるのではないだろうか。すべて、
現代にも通じる人としての葛藤や逡巡が見事に切り取られている。




三部作完結編

Copyright 武士の一分という映画について 2009