コミカル要素|武士の一分という映画について

武士の一分という映画について-画像

コミカル要素



テーマやストーリーは重たいものだが、見終わってもただつらいばかりでないのは、
要所要所にちりばめられたコミカルな部分があるからだろう。思わず一緒に笑ったり、とぼけた人柄に惹かれたり。
うまくコミカル要素が使われている作品である。
派手なアクション満載な時代劇ではないだけに、人間関係を観ている側にうまく伝える役割も果たしている。



コミカル要素

Copyright 武士の一分という映画について 2009