離縁|武士の一分という映画について

武士の一分という映画について-画像

離縁



盲目の生活にも慣れ、穏やかに毎日が過ぎるようになってきた頃、新之丞は加世の不貞のうわさを耳にする。
相手の島田は加世が家名・家禄存続のために奔走するなかで相談した相手。島田は自らの尽力を理由に、
たびたび加世に肉体関係を強要し続けていたのだ。自らの不甲斐なさで加世を貶めた情けなさと怒りで、
新之丞は加世に離縁を言いわたしてしまう。