おわり|武士の一分という映画について

武士の一分という映画について-画像

おわり



離縁したのち、新之丞は加世のことを振り切るかのように、一心不乱に日々剣術の稽古を始める。
盲目の中での稽古は凄惨を極めるが、次第に秀才の輝きを取り戻していった。そんな頃、
島田が何の尽力もしていなかったことを知り、新之丞は怒りに震え島田に武士の一分をかけた果し合いを申し込む。
死闘の末に勝利した新之丞のもとには加世が戻ってくるのだった。