家禄存続の危機|武士の一分という映画について

武士の一分という映画について-画像

家禄存続の危機



ある日、新之丞はお役目の最中、毒にあたって倒れる。生死をさまよう地獄のような苦しみの中、
なんとか一命はとりとめたものの失明。武士として、その勤めがはたせなくなってしまった。
生活に不安が募る中、親族会議が開かれ、なんとか家名の存続をと加世は奔走することに。そのかいもあり、
三村家の家名は存続し三十石の家禄もそのまま、という寛大な措置がとられることとなった。




家禄存続の危機

Copyright 武士の一分という映画について 2009