はじまり|武士の一分という映画について

武士の一分という映画について-画像

はじまり



東北の海坂藩に仕える下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、日々道場で研鑽し、ついには剣術を極め、
その腕前は周囲から秀才と呼ばれるほどの傑物であった。しかし、
武士としての務めは藩主の毒見役といういわゆる花形からは程遠い不本意なもの。だが、
プライベートでは美人で心やさしい妻加世(檀れい)と裕福ではないながらも幸せに暮らしていた。




はじまり

Copyright 武士の一分という映画について 2009