武士の一分という映画について

武士の一分という映画について-画像

武士の一分という映画について

武士の一分という映画について



2006年製作の日本映画。原作は藤沢周平の時代小説『盲目剣谺返し』である。『たそがれ清兵衛』、
『隠し剣 鬼の爪』とあわせて山田洋次監督の時代劇三部作完結編とも言われ、
松竹配給映画として当時の記録を塗り替えた大ヒット作。豪華俳優陣も話題となり、
日本アカデミー賞には12部門のノミネートという偉業を達成。興行収入は40億円を超えている。





武士の一分という映画について

Copyright 武士の一分という映画について 2009